スペース
介護福祉専攻科


介護・福祉の知識を兼ね揃えた、現場で活躍できる人材を育成


介護福祉専攻科 指定保育士養成施設を卒業し、保育士資格を取得した方や本校の保育学科で2年間学んだ学生を対象に、通常2年以上の教育を受ける必要がある介護福祉士資格(国家資格)を、 1年間で所定の単位を修得することにより、介護福祉士資格(受験資格)が与えられます。


取得可能資格

保育の取得可能な資格 など




介護福祉専攻科の特徴


保育士資格取得者は、
1年間で介護福祉士資格(受験資格)を取得



介護福祉士の資格を取得するには通常2年以上の教育を必要とします

   
介護福祉専攻科では、
1年間で資格を取得できるため
時間と学費の負担を軽減することができます。




3年間で3つの国家資格を取得 ※「介護福祉学科2年+保育学科1年」のコースは、対応しておりません。


本校の保育学科で2年間学んだ学生は、介護福祉専攻科へ入学することができます。
3年間で「保育士、幼稚園教諭二種、介護福祉士」の3つの国家資格を取得することができます。




幅広い就職の選択肢


卒業後は保育業務に就くのか介護業務に就くのか、どちらを選択することも可能です。

「介護知識を持った保育士」
「保育知識を持った介護福祉士」



保育・介護両方の知識を持っていると、


就職の選択肢や
活躍の場が広がります!



群馬パース大学福祉専門学校では、「保育に医療的知識を」・「介護に医療的ケアを」を合言葉に、人材育成に取り組んでいます。

群馬パース大学福祉専門学校 お問い合わせ・資料のご請求はお気軽に TEL.0279-60-7010
Mail:paz-care@paz.ac.jp