群馬パース大学福祉専門学校

介護福祉学科

修業年限2年 定員50名

多様化する介護ニーズに応じた
「実践的な学び」

福祉専門職で唯一の国家資格である介護福祉士の業務内容は、利用者に対する介助行為と利用者・その家族に対する援助と介護指導です。
本校では「認知症予防」「リハビリテーション」「レクリエーション」コミュニケーション能力」の向上を図り、現場で起こる様々なケースに対応できるような「現場に強い次世代介護福祉士」を養成します。

取得できる資格

  • 介護福祉士
  • 特定行為業務
    従事者
  • 普通救命講習Ⅰ
  • 喀痰吸引等
    基本研修
  • 専門士

PAZで学ぶ3つのPOINT

POINT1「医療的ケア」の
独自カリキュラム

  • 「医療的ケア」の独自カリキュラム
  • 「医療的ケア」の独自カリキュラム

厚生労働省基準の3倍超、165時間の医療的ケアにかかわる授業を実施し、喀痰吸引や経管栄養といった医療行為を行うことができる「特定行為業務従事者」認定証の取得を目指すことができます。
尚、在学中に実地研修まで修了できるのはPAZのみ。就職に大変有利な資格です。

POINT2外国人留学生の受け入れ

  • 外国人留学生の受け入れ
  • 外国人留学生の受け入れ

介護福祉学科では、高校を卒業してすぐの学生や社会人経験者だけでなく、留学生の受け入れも行い同じクラスで一緒に学びます。
留学生と授業等を通して交流することが、自然に多文化共生を学ぶ機会となり、互いに助け合い協働するためのコミュニケーションの実践等、大きな役割を果たしています。

POINT3グループの力 
質の高い実践型教育

  • グループの力質の高い実践型教育
  • グループの力質の高い実践型教育

姉妹校である「群馬パース大学(医療系)」をはじめ、群馬パース病院等の医療施設を運営する医療法人社団ほたか会、介護施設やグループホームを運営する 株式会社ヴィラージュ・社会福祉法人パースの森等、全6法人でPAZグループを構成・連携し、医療介護施設の現場に使い実践型教育を行なっております。

主な授業内容

認知症の理解

認知症の理解

認知症高齢者の介護に不可欠な、認知症への正しい知識や利用者・家族への介護的な関わり方などを学びます。

視覚障がい者体験

視覚障がい者体験

視覚障がい者の体験をする役割とそれをサポートする役割とに分かれて、実際に学校~駅間を往復します。

介護予防(レクリエーション)

介護予防(レクリエーション)

様々なレクリエーションを通じて介護予防の意義と目的を理解し、「援助者」としての役割を学びます。

医療的ケア

医療的ケア

喀痰吸引・経管栄養といった介助行為技術について、シミュレーターを活用しながら実践力を養います。

教員紹介

在校生・卒業生の声

在校生
在校生
宮田 知幸さん 2年
【出身校】群馬県立尾瀬高等学校
アットホームな居心地の
良い学校です!
学校では介護技術や高齢者とのコミュニケーション方法や医療的なケアのことなど、介護福祉士になるために必要な知識を授業や演習、実習を通して学んでいます。 パースの魅力は、思いやりのあるクラスメイトや親身になってくれる先生が多く、アットホームな居心地の良い雰囲気があるところです。 また、様々な国の留学生たちがいて異文化も学べたり、他にも授業が週4日・学費が安い・駅から近いなど魅力が沢山あります。 授業が休みの日にも個人練習が出来て、介護現場で経験のある先生方が困ったときにはサポートしてくれる安心な環境も整っています。 今は介護福祉士になることを目標に、一生懸命勉強を頑張っています。
在校生
在校生
ウジャン ウスマンさん 2年
【出身校】NIPPON語学院
留学生がたくさんいて
毎日賑やかです!
私はパースに入学するまで、介護について知らないことばかりでとても簡単な仕事だと思っていました。 パースで専門的なことや現場で役立つ知識を学ぶようになり、今は介護の仕事には嬉しいことも沢山あると知りました。 休日の土~月曜日には、学校に紹介してもらった介護の現場でアルバイトをしていますが、現場の雰囲気を学べたり学校で勉強したことを活かすことが出来て嬉しいです。 また、私自身も留学生ですが、この学校にはたくさんの留学生がいて、毎日賑やかです。介護以外にも、様々な国の文化や特色について学ぶことができます。 私の夢は介護福祉士として日本で就職をすること。その中で、自分が学んだ知識を教えたり、分からないことを教えてもらったりしながら、より魅力的な介護福祉士になりたいと思います。 そのために、今は勉強をしっかりして介護福祉士の資格を取ることが目標です。
卒業生
卒業生
番場 まつりさん
【勤務先】特別養護老人ホーム カナン
日中・夜間の利用者様の日常における身辺の介助を行っています。 介助の際、利用者様が「ありがとう」や「助かった」と声をかけてくれた時や、支援をしていくうちに利用者様の状態が良くなっていくのを目にすると、介護の仕事をしていて良かったと感じます。
パースで学んで一番良かったことは医療的ケアです。学生のうちにたん吸引ができる介護福祉士になれることは、大きな強みになります。 入職時からたん吸引が出来ることは施設のために役立てるし、何よりたん吸引を必要としている利用者様の力になれるので、学んで良かったと思います。 施設には色々な方がいて、全部が学校で学んできた通りにはいかないことがあります。 その中で私は、利用者様ひとりひとりに合ったより良い支援が出来るように技術向上に励み、ひとりでも多くの方が現状維持できることが目標です。
卒業生
卒業生
ハマル ススミタさん
【勤務先】特別養護老人ホーム 泉の園
私は特別養護老人ホームのユニットで利用者様の日常生活の支援をしています。心がけていることは介護をする中で利用者様一人一人にあった個別ケアをすること。 利用者様とコミュニケーションを取ることで、日々励まされながら仕事をしています。
パースでは、いろいろな国の人と一緒に勉強できたことが良かったです。 仲間と一緒に介護福祉士の資格を取ることができ、友達もたくさん出来ました。先生方や事務の方も、チームワーク良く私たちのサポートをしてくれました。
将来の夢は、しっかり日本で働いて経験を積み、母国の人たちに日本の介護を広めることです。

就職実績

就職率
100%
※昨年度実績

社会的ニーズの高い国家資格【介護福祉士】への求人件数は非常に多数(昨年度実績:343施設1819名)。 自分にあった就職先を選ぶことができます。

病院

根中央病院、黒沢病院、渋川医療センター、群馬パース病院、ほか

介護老人福祉施設

銀玲、青梨子荘、リハビリホーム喜望峰、武尊荘、あけぼの苑、ほか

特別養護老人ホーム

小野子ヒルズ、からまつ荘、菜の花館、やまゆり荘、永光荘、ほか

グループホーム

芳賀のうさぎ、くりの木、さいか、城東、ほか

障がい者支援施設

つつじヶ丘光の園、三愛荘、誠光荘、しきしま、ほか