スペース



在校生の声

月曜日の休みに個人練習。
「笑顔にできる介護福祉士」を目指して。


在校生の声1  介護に必要な技術や高齢者コミュニケーションなど、様々なことを学んでいます。
 先生方は現場経験豊富な先生が多く、現場で経験したことをたくさん話してくれます。 この学校の好きなところは、授業が週4日で、授業が休みの月曜日に個人練習ができるところです。 また、介護福祉学科は留学生も在籍していて、異文化を学べたりみんな仲良く学生生活を送っています。 将来は、利用者さんをたくさん「笑顔にできる介護福祉士」になりたいです。


介護福祉はもちろん、医療知識も学ぶことができます。

在校生の声2  介護福祉士になるために必要な知識と技術を日々学んでいます。他にも喀痰吸引や医療行為などの 医療知識を学ぶこともできます。医療系の資格を持っている先生や介護系の資格を持っている先生もいるので、 色々な職業からの目線で介護を学ぶことができます。先生との距離が近くて、どんな小さな悩みでも聞いてくれるので、相談しやすいです。 放課後に先生や友達と話す時間が楽しくて、毎日学校に行くのが楽しみです。一生懸命勉強して介護福祉士の資格を取得することが今の目標です。 介護技術や知識を身につけた後、ケアマネージャーの取得など、スキルアップを目指していきたいです。 利用者さんの気持ちを汲み取り、「寄り添える介護福祉士」になれるよう、頑張りたいと思います。

群馬パース大学福祉専門学校では、「保育に医療的知識を」・「介護に医療的ケアを」を合言葉に、人材育成に取り組んでいます。

群馬パース大学福祉専門学校 お問い合わせ・資料のご請求はお気軽に TEL.0279-60-7010
Mail:paz-care@paz.ac.jp