スペース



未来へ旅立った卒業生たち


PAZで学んだことが仕事に活きています

卒業生の声1 【勤務先:介護老人保健施設 おうみ】

私は今、老人保健施設で入居者様の食事や排泄、入浴をはじめとした生活の介護をしています。 忙しい仕事の中でも、入居者様との何気ない会話や笑顔を見れた時に、介護の仕事は楽しいとやりがいを感じています。
群馬パース大学福祉専門学校の授業では、移乗や衣類の着脱、食事介助などの手順や注意点といった介護の基本をしっかり教えていただきました。 基本をちゃんと修得できていたので、はじめて介護の仕事をした時に、とまどうことがなかったので良かったです。 これからも入居者様が笑顔で安心して生活できるような介護をしていきたいです。 忙しくても優しさと笑顔を忘れないで、「あなたがいると安心する」と思ってもらえる介護福祉士になりたいです。


PAZの先生方がいたから2年間頑張れました!

卒業生の声2 【勤務先:ほたか通所リハビリテーション】

私は通所リハビリテーションで、食事・入浴・トイレ介助、バイタル測定、利用者様の送迎、レクリエーションなど様々なことをやっています。 毎日忙しいですが、利用者様からいただく「ありがとう」や「がんばってね」の言葉はとてもうれしく、励みになります。
パースの先生方は、生徒一人ひとりに合った声掛けや指導をしてくれました。 実技試験や実習前には、朝や放課後も練習に付き合ってくれ、少しずつ介助のコツをつかむことができました。 入学当初は不安もあったのですが、パースだから介護福祉士を取れたのだと思います。 家族のサポートも大きかったですが、先生方の後押しも私を頑張らせてくれたと感じています。 これからも介護福祉士として、地域に貢献できるよう一生懸命頑張りたいと思います。


PAZでの時間は人生で本当に貴重な2年間でした

卒業生の声3 【勤務先:介護付有料老人ホーム・ヴィラージュ尾瀬】

老人ホームのヴィラージュ尾瀬で、食事・排泄・入浴などの介助を日々行っています。
この仕事でやりがいを感じるのは、「その方に合った介助が過不足なく行えた」と思える時です。 介助側の一方的な自己満足にならないよう、その都度自分の対応を省みるようにしています。 社会人を経て2年間の学生生活は、様々な視点で介護や福祉の問題を深く考える貴重な時間でした。 同級生との楽しい時間は、私の人生で本当に貴重な2年間となり、大切な仲間達を得ることができました。 就職については、PA Zグループ内に多種多様な施設があったので、自分に合った場所を選ぶことができました。


群馬パース大学福祉専門学校では、「保育に医療的知識を」・「介護に医療的ケアを」を合言葉に、人材育成に取り組んでいます。

群馬パース大学福祉専門学校 お問い合わせ・資料のご請求はお気軽に TEL.0279-60-7010
Mail:paz-care@paz.ac.jp